メルマガバックナンバー〜お役立ち情報
 お役立ち情報〜メールマガジンバックナンバー <彩の地酒だより Vol.34>

彩の地酒だより Vol.34 埼玉の酒はうまい<読売新聞埼玉版> 旬の味わい〜しぼりたて

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 Vol.34
               埼玉の酒は、うまい<読売新聞埼玉版>

                   旬の味わい〜しぼりたて 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

朝夕はひときわ冷え込むようになりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、今回は「埼玉の酒は、うまい」読売新聞埼玉版に掲載された内容をご紹介

したいと思います。

11月9日発刊で、すでに読まれた方も多いと思いますが、埼玉県民にとっては

うれしいニュースですので、再度ご一読頂ければ幸いです。

以下、読売新聞埼玉版抜粋

2006年7月から07年6月(2006酒造年度)に醸造された優れた日本酒を選ぶ酒類

鑑評会(関東信越国税局主催)で、横田酒造(行田市、横田保良社長)の銘柄

「日本橋」が最優秀賞に輝いた。

関東信越6県の255酒造会社が参加。「常温」の部に244点、「燗」の部に232点が

出品された。

「日本橋」は常温の部で香りと味、香りと味のバランスの3項目の総合点で専門家

から高い評価を受け、1998年秋に続いて2度目の最優秀賞受賞となった。

8日の表彰式で、横田酒造の杜氏、高橋清明さん(62)は「近年にない暖冬で、麹

造りとともに、もろみ後半での発酵が順調に進むよう特に品質管理に気を使った」

と苦労を振り返る。

横田社長も「社員一丸となって酒造りに取り組んできた。感無量。受賞を機にこれ

からも精進したい」と語った。

このほか、県内の日本酒は常温・燗の両部門合わせて、12の優秀賞を得た。

県酒造組合(熊谷市)によると、県内の酒造会社数は36社で、全国平均並み。

しかし、独立行政法人の酒類総合研究所による全国新酒鑑評会で、今年春に

受賞を受けたのは出品した22社のうち10社。

受賞率は全国4位の45.5%(全国平均25.7%)だった。04年春の表彰以降、30%

を超え続けており、全国的に高いレベルを維持している。

県酒造組合は「酒造りに使われる荒川と利根川の伏流水が軟水でまろやか。

大量生産に特化せず小規模ながらも品質にこだわった手作りも評価を高めている

のではないか」と分析している。

とまあ、埼玉のお酒は全国的にもレベルの高い酒質ですので、これからもますます

応援したくなりますね。

さて、お次はこれから発売される「しぼりたて」のご紹介です。

この時期になると、各蔵元では麹ばながする新酒しぼりたてが続々発売されます。

来月発売される「しぼりたて」は以下の通り

●花陽浴 純米吟醸しぼりたて生原酒 1.8L ¥2,600 720ml  ¥1,285

●臥龍梅 純米吟醸袋吊り雫酒H19BY新米新酒しぼりたて 1.8L ¥2,995

●ぽたりぽたりきりんざん 1.8L ¥3,150 720ml ¥1,575

●越乃景虎純米しぼりたて 1.8L ¥2,730

●白露垂珠純米吟醸初しぼり 1.8L ¥2,400

※花陽浴は、にごり酒、おりがらみも入荷予定となっております。(12月10日頃)

<その他>

●百楽門 どぶろく生 720ml ¥1,575 、どぶろく火入れ 720ml ¥1,155
 酒米を食べる感覚のどぶろく酒、醗酵したもろみを存分に味わえます。

●きんぽうのたまご酒 720ml ¥1,575 <12月11日入荷予定>
 冷やして飲むとカスタードのようになめらかで、お酒が苦手の方でも美味しい
 もちろん温めてもOKです。

●明るい農村赤芋蒸留仕立て 1.8L ¥2,680 720ml ¥1,320
 年に一度の限定出荷!赤芋の新酒です。

●青潮 芋焼酎 1.8L ¥2,500 720ml ¥1,260
 「青潮(あおしお)」は、(株)祁答院蒸溜所の前身、西酒造場(鹿児島県甑島)
 より引継いだブランドです。新規取り扱い蔵元です。
 オススメはロック、お湯割です。口当たりよく、やさしく広がる風味。

●吉酎 ちょいろか 720ml ¥1,060
 出来たてのうまみを、できるだけそのまま味わえます。必要最低限に濾過して
 お届けする季節限定商品。

以上、日本酒も焼酎も新酒の「できたて」が楽しめる季節となりました。

是非、この機会にお買い求め下さい。

それでは、また。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      〒332−0031            埼玉県川口市青木4−9−16  
      メルマガ発行者            田島 悟
      TEL : 048−251−5731       FAX : 048-251-5952
      E-mail : info@sainojizake.com   http://www.sainojizake.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★