メルマガバックナンバー〜お役立ち情報
 お役立ち情報〜メールマガジンバックナンバー <彩の地酒だより Vol.23>

彩の地酒だより Vol.23 新春にふさわしい最新地酒入荷情報 酒と肴の相性について

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 Vol.23
           新春にふさわしいおりがらみ、しぼりたて地酒入荷情報

               酒と肴の相性について〜店主のひとりごと

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

遅ればせながら、新年のご挨拶・・・

あけましておめでとうございます!本年もどうぞ宜しくお願いします。

早いもので一月も半ばとなりましたが、酒蔵では今・・・どこも造りの真っ最中。

お正月だからとのんびりしてはいられません。

日本酒は寒造りといって、今が繁忙期といっても過言ではありません。

さて、そんな季節柄おいしいお酒が続々入荷してきます。

新春にふさわしいおりがらみ、しぼりたて入荷情報のご案内です。

○花陽浴 純米吟醸しぼりたて生原酒 1.8L ¥2,600 720ml ¥1,285
搾りたてを即日そのまま瓶詰めしました。若干酸が高めで多少渋みを感じますが
長期保存によりまろやかになります。
しかし、一度開栓して翌日飲んでみると見事に極旨の味!今年のしぼりたては、
新鮮な香味、麹ばなが華やかで口中いっぱいに広がりマスカットのような味わい
後味キレの良いお酒に仕上がっております。

○花陽浴 純米吟醸活性にごり酒 1.8L ¥2,600 720ml ¥1,285
純米吟醸のもろみを軽く濾しただけで瓶詰めされるワンランク上のにごり酒です。
上品で品のある口当たりで、スッキリした喉ごしに仕上がっています。
まさに、和風シャンパンそのものの味わいです。開栓時には十分注意してください。
瓶を振ったり、倒したりしてはいけません。活性にごり酒ですので、吹き出す恐れが
あります。

○亀甲花菱 豊醇旨口純米生原酒  1.8L ¥2,480 720ml ¥1,270
香りは抑え気味ですが、いったん口に含みますと米の旨味をギュと凝縮された濃厚な
味わいを感じられます。
しかし、後味は残らず自然な米の甘さを味わえるやさしい純米生原酒です。
今年は、720ml瓶もお願いしました。

○臥龍梅 純米吟醸 無ろ過生原酒 おりがらみ 1.8L ¥2,835 1月下旬入荷予定
昨年、当店で人気があったので再度蔵元に無理をお願いして商品化してもらいました。
うっすらと積もった雪の白さを思わせるうす濁りの生酒は新春を寿ぐのにうってつけです。
今年は、酒造好適米に山田錦の改良品種である誉れ富士を使用。
蔵元さんのお話だと、昨年の酒造好適米の五百万石よりも品質は良いとの事。

※その他、花陽浴 純米吟醸おりがらみ、南 特別純米無ろ過生原酒は、1月下旬に
入荷予定となっております。乞うご期待!

お次は、酒と肴の相性についてのお話です。

酒と食の話になると、すぐ相性の話になって、この辛口の純米酒にはどんな料理が

最適か、どんな風味のものが合うか、といった話題になることが多いかと思います。

ワイワイ楽しみながら、私はこの酒にこの料理がいい、オレはこっちだ、と言い合って

騒ぐのはまだいいのですが、やたら科学的な分析をして、この酒にはこの料理以外は

合わない、なんてもっともらしく言われたりすると、もう話は面白くなくなってきます。

よく見かける図なのですが、縦軸と横軸の線を引いて、味の濃淡、風味や香りの強弱

を表し、その4つのクラスターに相性のいい酒と食を当てハメていますが、「意味のない

ものだなぁ。」と私は思っています。

人間の味覚などの官能、好みの問題を、果たして科学的に分類できるのでしょうか?

仮に一部分で分析できたとしても、分類してしまうとそれが絶対的なものになって、

一人歩きしてしまう恐れがあるでしょう。

確かに、誰かに説明するときに、分類してあると一見わかりやすいように錯覚してしまい

ます。

そこから、この範囲内は合って、それ以外のものは合わない、などという馬鹿げた話に

発展していってしまうからなのです。

科学的分類はわかりやすくなるメリットはありますが、絶対的なものではないという事を

頭に入れておかないと、問題はこじれていってしまいますよね。

酒と食の相性に限らず、情緒的なもの、感性的なもの、すべてにこのことは当てはまる

のではないでしょうか?

「今、飲んでみたいなぁ。」と思ったお酒に、「今、食べたいなぁ。」と思った料理でやる

のが、私にとっては最適な相性となるんじゃないかと・・・

他人に教わって飲み食いしたくないし、仮に自分の選んだものが合わなかったとしても

「それもいいなぁ。」と思います。

いろいろなお酒を飲んでさまざまな料理を食べて、みんなでワイワイやったほうが、よっぽ

ど豊かな食生活が楽しめるのでないでしょうか?

皆さんもそのぐらいの冒険、ぜいたくをしてみましょうよ。

以上、勝手に店主の独り言でした・・・ご意見、ご感想お待ちしております。

それでは、また。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      〒332−0031            埼玉県川口市青木4−9−16  
      メルマガ発行者            田島 悟
      TEL : 048−251−5731       FAX : 048-251-5952
      E-mail : info@sainojizake.com   http://www.sainojizake.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★