メルマガバックナンバー〜お役立ち情報
 お役立ち情報〜メールマガジンバックナンバー <彩の地酒だより Vol.21>

彩の地酒だより Vol.21 Enjoy「お燗酒」〜試してみました変身ぶり 開栓したお酒

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 Vol.21
             Enjoy「お燗酒」〜試してみました変身ぶり〜 

        開栓したお酒 : 酵母が生きてるまろやかで深みのある味わい        

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
秋も深まり、朝夕めっきり寒くなってきました。
 
こんな時は、熱燗でホッと一息つきたいですよね。
 
寒いときに限らず、昨年ごろからオールシーズン、お燗酒が人気が出てきました。
 
でも冬のお燗は、また格別。
 
あのミルク色の湯気(ウッ?酒気というべきか)を見るだけで、ねぇ〜。
 
そこで今回は、燗上がりすると一般にいわれる「山廃」を集めて、飲み比べてみました。
 
■「瑞冠」山廃仕込本醸造  山岡酒造(広島県)
    精米歩合/65% 日本酒度/+4 アルコール度/15.1% 720ml/¥1,680
 
    広島を代表する酒米の産地にあり、米作りから一貫して少量手造りしている蔵。
    すっきり・さっぱりしているが、後味にまろやかな甘みを感じる。
    酸味は穏やかで飲みやすい。
   
   ♪ぬる燗だとすっきりしていて、後味はさらりとしている。
   ♪熱燗にしても飲み飽きせず、バランスが良い万能選手
 
■「麓井」生もと仕込み純米吟醸  麓井酒造(山形県)
   精米歩合/50% 日本酒度/+2〜4 アルコール度/15〜16% 720ml/¥1,570
 
   鳥海山麓にある小さな蔵。昔ながらの生もと造りで酒を造っている。
   この酒は飲み口が柔らかく、山廃特有のクセが控えめ。
 
   ♪穏やかな乳酸菌の香りがするが、ぬる燗にすると丸みがでてくる。
   ♪熱燗にすると甘みが抑えめになり、旨味が感じられる。
 
■「天狗舞」山廃仕込純米酒  車多酒造(石川県)
   精米歩合/60% 日本酒度/+3 アルコール度/15.9% 720ml/¥1,664
 
   文政8年(1823)創業、山廃造りで知られる天狗舞の看板商品。
   濃厚な香味と酸味の調和がとれた、個性のある純米酒。
   濃い山吹色していて、見た目も楽しめる。
 
   ♪ぬる燗だと口に含んだときに、酸の効いた旨味が広がる。
   ♪熱燗にすると、芳醇ながらさばけがよく、後口はさわやか。
 
■「釜屋」生もと仕込特別純米酒  釜屋(埼玉県)
   精米歩合/60% アルコール度/15〜16% 720ml/¥1,365
 
   江戸の中期の創業で、武蔵野の酒米と利根川の伏流水で酒造り。
   古酒やお燗などの日本酒文化を復活させようとしている蔵。
   この酒も「純米古式醸」の名がある。
 
   ♪酸が強く、熟成感があるが、ぬる燗だと香りがたち、パンチのきいた味に。
   ♪熱燗にするとさっぱりとして、俄然飲みやすくなる。
 
■「半蔵」山廃純米ひやおろし原酒
   精米歩合/60% 日本酒度/+2 アルコール度/18〜19% 720ml/¥1,480
  
   忍びの里伊賀上野、服部半蔵ゆかりの地で、飲むほどに米本来の旨味が感じられ
   る酒造りをしている蔵。
   この酒は濃厚で力強く、旨味と切れのバランスがいい。
 
   ♪ぬる燗にすると酸味がまろやかになり、口の中で力強い旨味が爆発。
   ♪熱燗だと酸味が強くなり、苦味が出てくる。
 
とまぁ、ぬる燗、熱燗と試してみましたが、あくまでも目安なので自分の適温を見つけて
味わってください。
 
お次は、「開栓したお酒」についてのお話です。
 
皆さん、お酒を買ったらすぐ飲まなきゃいけないと思っていませんか?
 
お酒は酵母が生きてる新鮮な商品、開栓したら飲まないと当然劣化してしまいます。
 
但し、保存温度、保存状態、保存期間にもよっても違いますが・・・
 
しかし、ある時買ったお酒を一度では飲みきれなく、数日たって再び飲んだところ味が
 
まろやかになり、深みが出ておいしく感じられることがありました。
 
「これは前のお酒の味を正確に覚えていないのか?」とあるお客さんは思い、新たにお酒
 
を購入し、改めてきちんとそれぞれを飲み比べてみたところ、やはり開栓したお酒の方が
 
味わい深くて美味しかったそうです。
 
どうして、美味くなったのでしょう?
 
お酒は生き物で開栓したことにより酵母が活発となり、数日間でうまく熟成された経験
 
からいえることだったのです。
 
「封を開けたら早く飲め!」と言う人もいますが、一概にそうとは言えません。
 
色々な飲み方があった方が、飲み助としては楽しいと思います。
 
なぜなら、同じ酒でも二度の味の変化が楽しめるからなんです。
 
さらに、温度の変化も加えるとなると、これまた数え切れない味わいの変化が出てきます。
 
権威や常識にとらわれず、自分にとってそのお酒を「旨い!」と思える飲み方を発見する
 
ことが、単なる酒飲みではなく、その酒にほれているということだと思いませんか?
 
皆さんも色々なお酒の飲み方にチャレンジして見てください。
 
それでは、また。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      〒332−0031            埼玉県川口市青木4−9−16  
      メルマガ発行者            田島 悟
      TEL : 048−251−5731       FAX : 048-251-5952
      E-mail : info@sainojizake.com   http://www.sainojizake.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★